皇冠足球体育_皇冠比分网¥即时直播

图片

グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



大学院生がバイオメディカル分析化学シンポジウムで星野賞研究奨励賞


ホーム >  ニュース >  大学院生がバイオメディカル分析化学シンポジウムで星野賞研究奨励賞

9月1~2日に京都大学工学部にてハイブリッド開催された第33回バイオメディカル分析化学シンポジウム(日本薬学会物理系薬学部会主催)で、大学院薬食生命科学総合学府薬科学専攻博士前期課程2年の北條泰成さん(生体機能分子分析学分野所属)が星野賞研究奨励賞を受賞しました。同賞は、学生?大学院生からエントリーされた演題から特に優れた演題に贈られたものです。

発表者:北條 泰成、後藤 厚子、杉山 栄二、水野 初、轟木 堅一郎
演題:抗体医薬Nivolumabに対する高親和性DNAアプタマーの効率的な探索と獲得したアプタマーの結合能評価

受賞した北條さん

【関連リンク】
第33回バイオメディカル分析化学シンポジウム
https://suzuki6684.wixsite.com/bmas21(外部サイトへリンク)

生体機能分子分析学分野
https://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/~analchem/(研究室サイトへリンク)


(2021年9月21日)

モバイル表示

PC表示